フローリングの床が犬に与えるリスク!快適にしてあげる方法

公開日:2023/05/15 最終更新日:2024/02/06

人間にとって快適に思えるフローリングは、犬にとって快適ではありません。脱臼や骨折などの恐れがあるので、フローリングにする前に犬にしつけする必要があります。そのほかにも、アイテムを購入するなどして、少しでも快適に暮らせるようにしてあげましょう。今後の参考にしてください。

東京でおすすめのフロアコーティング業者 ランキング1位はこちら

フローリングの床が犬に与えるリスクとは?

転倒や健康被害に注意しましょう。大きな怪我をしてしまうと、復帰するまでに時間がかかってしまいます。肉体的にも精神的にも辛い日々を過ごさなくてはいけなくなるので、そのようなことにならないように注意してください。

人間にとって快適に思えるフローリング

フローリングの床にすると、見た目の印象が大きく変化するので、人間にとって快適に思えるでしょう。高級感と光沢感が味わえるので、建物をより一層美しく見せる効果もあります。

しかし、犬は人間のように二足歩行の動物ではありません。また、犬には爪が付いていて、土に爪を食い込ませることでその場に立っています。四足歩行の動物でもあるので、フローリングは人間のように快適に感じません。

その理由は、フローリングでは爪を食い込ませられないので姿勢が不安定になりがちだからです。そのため、足腰に負担がかかってしまい、最悪の場合は怪我につながってしまいます。犬を不幸にさせないためにも、飼い主が犬のことをきちんと知っておく必要があります。

脱臼や骨折の恐れがある

ソファや椅子の上からフローリングの床に向かってジャンプしようとしたときに、着地を誤って足をひねってしまうことがあります。捻挫や打撲のケガだけではなく、重症の場合は脱臼や骨折してしまう恐れもあります。

そのような状況に陥ってしまうと、数日や1週間程度では完全に復活しません。動物病院にも通うことになるので、飼い主の負担も大きくなります。

とくに気を付けなければいけないのが、小型でスリムな犬です。たとえば、ポメラニアンやトイプードルなどです。小型犬以外の犬でも、骨が丈夫ではないときやシニアの場合は、怪我が起きてしまってもおかしくないので飼い主は注意してください。

股関節形成不全になる恐れがある

長い期間フローリングの上で生活を送っていると、後ろの足と腰に負担が蓄積されてしまいます。そのような状況で生活を送っていると、やがて関節内で炎症が起きてしまいます。

犬は人間のように、自分の体の状態を説明できないので、散歩に行きたがらない、横座りする、ジャンプや階段の上り下りを避けるようになるといった状況が見受けられたときは、股関節に何かしらの異常を抱えている可能性があるので、注意深く観察してください。

とくに、ゴールデンレトリバーのような大型犬や肥満気味の犬は、このような症状に苦しむ確率が高くなるので、よく観察してください。

膝蓋骨脱臼になる恐れがある

膝蓋骨の場所が、本来の位置から移動してしまうことが原因として考えられています。犬の脱臼のほとんどが内側に移動してしまうので内方脱臼といいます。

症状が軽いときは、飼い主が気付かないほど違和感がありません。しかし、症状が進行すると手術が必要になるくらい大きい怪我になってしまいます。

とくに、チワワやパピヨンなどの小型犬は注意しなければいけません。また、柴犬やゴールデンレトリバーなども怪我をしやすいことで知られています。

椎間板ヘルニアになる恐れがある

椎間板の場所が、本来の位置から移動してしまうことがあります。犬の後ろ足や前足に症状が出現します。症状が軽いときは、痛みやふらつきが発生します。

症状が進行すると、体が麻痺してしまうので、生活にも支障をきたします。たとえば、排尿および排便障害、起立および歩行困難などです。

犬と快適に暮らすためにフローリングの床にする前に注意すべきポイント

犬を守ってあげるのは飼い主しかできないので、しつけをきちんと行います。

子犬のときからしつけする

犬はフローリングに関する知識を持っていません。そのため、土の上で生活を送るときと同じ感覚で行動するでしょう。飼い主は、フローリングの床に変更する前から、しつけをきちんと行う必要があります。

高い場所から床に飛び降りない、床からソファに向かってジャンプしないなどを教えておくと、いざというときの怪我を予防できます。

また、飼い主も犬の体を労わりましょう。たとえば、ソファから床に移動させるときは、小型犬であれば飼い主が抱えてあげます。床からソファに上げるときも、飼い主が抱えてあげると、怪我を予防できるだけではなく、体のダメージも蓄積されずに済みます。

犬を飼っている家庭でも安心してフローリングを使うための対策

飼い主が犬を労わってあげましょう。人間のように言葉を話せないので、普段から行動をよく観察するようにします。

シニア犬は滑りやすくなるので注意する

肉球の水分量が減少しているので、床の上を歩くと滑りやすくなります。そのため、専用のクリームを塗ってあげると、滑りにくくなるでしょう。

シニア犬は、怪我や病気にいつなってもおかしくないので、飼い主がきちんと体を労わってあげましょう。また、少しでも様子がおかしいと思ったときは、動物病院に連れていきましょう。

犬用の靴下を履かせるときは注意する

最近は、ペットショップやインターネット上で、犬用の靴下が販売されています。おしゃれなアイテムとして身に付けている犬もいますが、体温を調節する機能を持っている肉球が機能しにくくなるので注意が必要です。

好んで靴下を履きたがらない場合は、飼い主は無理に履かせないようにします。とくに、夏場や気温が高いときだけではなく、暑がっている場合は脱がせてあげましょう。

犬が過ごしやすいフローリングの床にするためにおすすめのアイテム

犬も人間も安心して生活を送れるようにしましょう。できる限り費用を抑えられると、そのほかのことにお金を使用できるのでおすすめです。

ジョイントマット

こちらは、20~40枚程度を用意しても数千円の出費で済みます。そのため、できる限り費用を抑えたい人におすすめです。ただし、犬の毛やひっかき傷が残りやすいので、こまめに掃除するだけでは、傷や汚れが残ってしまう恐れがあります。消耗品と認識しておくとよいでしょう。ただし、粗相したときに軽く拭くだけで綺麗になるのでおすすめです。

カーペット

こちらは、滑りにくいのでおすすめです。ただし、粗相やダニの対策を万全にする必要があります。コインランドリーを上手に活用して、ダニ対策する方法もあります。また、犬の爪がカーペットに引っかかるときがあるので注意しましょう。

フロアコーティング

ペットが滑りにくいコーティングプランをさまざまな業者が用意しています。こちらは、ペットに優しいだけではなく、シニアや小さい子どもにも優しくなっているのでおすすめです。足腰にかかる負担が軽減するので、ペットも安心して生活を送れるでしょう。

費用をできる限り抑えたい人は、ホームセンターやインターネット上でコーティング剤を購入して自分で使用できます。ただし、使用方法を誤ると期待される効果が得られないので、手順をきちんと確認して丁寧に施工してください。

まとめ

最近では、さまざまな業者が滑りにくいフロアコーティングのサービスを提供しているので、床を綺麗にするだけではなく、ペットにも優しい施工を依頼してみましょう。初期費用は高額になることが予想されますが、数年間は効果が維持されるので安心です。人間も犬も安心して生活を送れる環境を構築しましょう。そのほかのアイテムも上手に取り入れることで対策を講じてください。事前の準備を万全にしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

RANKING TABLE

【東京】おすすめのフロアコーティング業者ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
6
7
会社名Way-formation(ウェイ・フォーメーション)FSSCOATグッドライフカラー森のしずくグリーンコートジェブ
特徴建物の幅広いコーティングが可能。自社施工でアフターフォローまで安心の対応建物の快適さと顧客の笑顔づくりをめざす、フロアコーティングの専門会社フロアコーティングランキングで3冠を達成。業界唯一のナノ銀配合。接客から施工までを正規職員が担当で安心。業界最高品質のフロアコーティング完全自社施工のフロアコーティング会社。全国対応で施工している。万が一に備えたセーフティネットが充実!だから安心して施工を任せられるEPCOATを希望するならここ!信頼と実績を重ねるフロアコーティングの専門店
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら